NEWS EVENT CULTURE

短い生涯で残した、わずか30点の銅版画を一挙公開! 芸術の秋に、彗星の如く輝いた銅版画家・清原啓子の作品を堪能

2017年11月11日更新

1987年に31歳という若さでこの世を去った銅版画家・清原啓子。生まれ育った東京・八王子市の八王子市夢美術館で行われる特別展「没後30年 銅版画家 清原啓子」では、彼女が“物語性”にこだわった全30点の作品をはじめ、影響を受けた画家や版画家の作品も併せて展示されます。

精緻で神秘的、そして耽美さも漂わせる……夭折の銅版画家・清原啓子の世界


清原啓子《孤島》1987年/エッチング/八王子市夢美術館蔵


31歳という若さで、この世を去った銅版画家・清原啓子。極めて緻密な作風のため、彼女が短い生涯の中で残した作品はわずか30点でした。久生十蘭や三島由紀夫などの文学に傾倒し、神秘的かつ耽美的な“物語性”にこだわった銅版画は、今なお観る人々を魅了しています。今回の展覧会では、夭折(ようせつ)の銅版画家として伝説的に語られる清原啓子の全銅版画と銅版の原板、および下絵素描、最後の完成品となった《孤島》の制作過程を示す試し刷り、制作ノートなど、これまで未発表のものを含む資料が展示されます。また、清原啓子が影響を受けたヨーロッパの画家や版画家のジャック・カロやギュスターヴ・モロー、ロドルフ・ブレスダン、オディロン・ルドンの作品も紹介し、彼女の制作の源泉をたどり、その全貌に迫ります。


清原啓子《魔都霧譚》1987年/エッチング/八王子市夢美術館蔵


清原啓子 《Dの頭文字》1980年/エッチング/八王子市夢美術館蔵


オディロン・ルドン『聖アントワーヌの誘惑』第一集 Ⅸ いたるところで瞳が焔をはく1888年/リトグラフ/群馬県立近代美術館蔵


ギュスターヴ・モロー《救済される聖セバスティアヌス》1885年/水彩・グァッシュ/群馬県立近代美術館蔵


<特別展「没後30年 銅版画家 清原啓子」>
会期●11月11日(土)~12月14日(木)
会場●八王子市夢美術館
   東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
TEL●042-621-6777
開館時間●10:00~19:00(入館は閉館の30分までまで)
休館日●毎週月曜
観覧料●一般¥600(480)、小学生以上の学生・65歳以上¥300(240)
    未就学児無料
    ※( )内は15名以上の団体、土曜は小・中学生無料


  • OSAKA STREET SNAP 060 サックス&ピンク&イエローの3色パステルコーデ

    OSAKA STREET SNAP 060 サックス&ピンク&イエローの3色パステルコーデ

    2018年2月21日更新

    サックス&ピンク&イエローの3色パステルコーデ大阪に集まるおしゃれさんを日々紹介!撮影●Fuyukiみさきゅあ(兵庫県出身・在住)20歳・学生・153cm今日のファッション・テーマ●ファンシーヘアバンド、バッグ、ネックレ […]

  • 最新PUNK&ROCKボーイズ☆ ドルマンニットでゆるカッコよく!

    最新PUNK&ROCKボーイズ☆ ドルマンニットでゆるカッコよく!

    2018年2月20日更新

    ゆったりルーズなドルマンニットから、インの花柄シャツを覗かせて春を意識☆ 存在感のあるネックレスや伊達めがねをプラスしてクールな印象に!人気パンク&ロックブランドの新作を使ったボーイズの春コーデを一挙紹介! 春はクール& […]

  • HEAVEN 福岡店が提案する、春の装いにおすすめのスタイル&ポイント使いにぴったりの色柄もの小物の紹介!

    HEAVEN 福岡店が提案する、春の装いにおすすめのスタイル&ポイント使いにぴったりの色柄もの小物の紹介!

    2018年2月20日更新

    毎週火曜日は、全国のKERASHOPからのイベント開催のお知らせやレポート、おすすめの新作情報などを選りすぐって紹介します! 今週はHEAVEN 福岡店から届いた、春めく気分を盛り上げるスタイル&色柄もの小物のご紹介です […]