CULTURE ENTERTAMENT

画集『イノサンBleu(ブルー)』はもうチェックした? 著者・坂本眞一さんへの新規ミニインタビュー付きで、なかみをお見せします❤︎

2020年9月30日更新

2019年には舞台化、中島美嘉さんが主演をつとめたり、
またKERA STYLEでも著者・坂本眞一さんへのインタビューが連載され、
大好評だった漫画「イノサン」シリーズ!
本編の漫画は2020年1月ついに最終回を迎え、2月には
コミックス最終巻と同日、画集『イノサンBleu(ブルー)』も発売に!
今回はこの画集を、著者・坂本眞一さんへの最新インタビューも交えて紹介します!

©️坂本眞一/集英社

ーーまずは画集について、坂本さんのお気持ちを聞いてみましょう!

坂本
「電子書籍で既に画集は発売されていますが、
紙での出版は漫画家として大きな夢の一つでした。
最終巻と同時のタイミングで出版できた事で『イノサン 』から
『イノサン Rouge』まで全てのカラー原稿を収録出来ました。
連載当初はぎこちなかったデジタル作画のスキルが
向上していく様を辿っていくようで、僕の漫画家としての
7年間を凝縮したかけがえのないアルバムになったと思います」

↑こちらが画集のカバー。
ギロチンで斬首されたマリーが蘇っている……!?
首から血を流しながら、華奢な指で青い薔薇を摘んでいます。

ーー坂本さんが描き続けたイノサンシリーズの絵の中で、
最も気に入っているカラーイラストはどれなのでしょうか?
とても気になるので、お伺いしてみたところ……、

坂本
「この画集の中で掲載されている絵の中で一番好きな絵は、
実はこのカバーの絵。
フレスコ画風に仕上げたギロチンマリーです。
18世紀を駆け抜けるように生き抜いたマリーの精神を
現代の闘う人に永久にエールを送る事ができないか?
そんな思いで筆を走らせました」

ーーこの最も坂本さんがお好きな絵は、
なんとビッグポスターになって、画集の付録としてついています!

↑これが付録のポスターです!

ーーさてこのマリーはなぜ青い薔薇を持っているのか……?
その理由はカバーをめくると、
坂本さんの言葉で書かれています。

↑実はこのページ、「白い」のではなく
「透けている」んです!
そして次のページには
薔薇を持つマリーの絵があり、
重なって見えるようになっているです……!

ーー画集には、イノサンシリーズ終了までに描かれた
全てのイラストが入っています!


↑単行本では未収録のものも、もれなく入っています!


↑コミックスのカバーイラストになった絵も、
血のりなしで、ぐーんと大きいサイズで見られるほか、
一部下絵も掲載!

↑右は、雑誌「グランドジャンプ」の
カバーイラストとして掲載された後、
どこにも再掲載されることのなかった貴重なイラスト。

左は、連載当時カラーだったけれど、
コミックスでモノクロになった原稿をカラーに戻したもの!


↑こんなゴシックなイラストも・・・❤︎

ーーそしてなんと漫画も読めるんです!


↑上はやはりコミックス未収録の、
パリ・ルーブル美術館での展示のために描かれた
スピンオフ的作品
『イノサンRouge外伝 王妃アントワネット、モナリザに逢う』。


↑AudiとのタイアップでLINE用に
描かれた作品も掲載!

ーーそしてカラー作品の後には、
坂本さんが自ら選んだ、漫画内のモノクロの絵の
ベストセレクションが・・・!
その名も「イノサンNoir(ノワール)」。
Noirとは、フランス語で「黒」のこと。
単行本では印刷されていた文字はできる限り外したので、
じっくり絵だけを楽しむことができます!


↑こんな八つ裂きのシーンや・・・


↑精神的に悶え苦しむルイ16世のお顔のアップや・・・


↑アントワネットの死を九相図で表現したものや・・・


↑骸骨馬車や・・・
どれもこれも描き込みがすごすぎます!

ーー全ての作品に坂本さんのコメントがついていますが、
今回あらためて画集を見たところの、
坂本さんの一番好きなモノクロの絵をお伺いしたところ……、

坂本
「シリーズを通してコミックス全21巻の膨大な原稿から
厳選して画集に収める作業は本当に難しかったのですが、
その中から強いて一枚モノクロ原稿を挙げるとするならば、
マリー・サンソンとアントワネットが踊る一枚でしょうか。

今回の連載のチャレンジは
18世紀ロココのドレスを週刊という(後に隔週になりました)
枠組みの中でどれだけ描き込み、華やかに酔狂に
見せることができるか、でした。
この一枚はシリーズ全21巻の中で
その域に到達した一枚だと確信しています。
どうぞルーペを手にして
フリルやレースの細部に目を通して下さい。
細かすぎて雑誌やコミックスでは印刷されないであろう、
気が遠くなるような作業に見事に
ついて来てくれたスタッフ達に感謝です」

↑このイラストです。
ぜひぜひ画集を手元において
じっくり見てください!

ーーさて、この画集には、付録としてポスターだけでなく、
ファンブック的な本「イノサンMonochrome(モノクローム)」
がついています。


↑これが付録の「イノサンMonochrome」

ーー内容は……、
まずはキャラクター紹介!各キャラクターが
全編を通して様変わりしていく様子をまとめて見られます!

↑各キャラの初登場回、最終登場回まで、
その変遷を辿ることができます!
たとえばシャルル・サンソンなら、
自分に自信のない「どうせ僕なんて……」という少年時代から、
処刑人としてバリバリに活躍する時代、
そして最終回での老いた姿まで!

ーーキャラ紹介の後には、気になっていた、
あの色濃い脇役達の姿も!
衣装倒錯しているサド公爵の姿も、
甲冑姿の「死の天使」ことサン-ジュストもいます!
皆ロック・アーティストのようで素敵すぎます❤︎

↑残酷で美しく、かなりヤバい性格の
メンズキャラ達の姿に再びドキドキ❤︎

ーーこちらは、気になっていた
処刑や拷問シーンのミニ特集。


↑実際行われていた
処刑・処罰方法を再現したものだそうです

ーー格好良すぎるマリー・サンソンの
決め台詞ベストコレクションも……。

↑どの台詞にもシビレます!!

ーーちなみに、坂本さんがもっとも好きなマリーの決め台詞は、

坂本
「それは
『マリーの描く未来は、
男も女も関係ねぇ
主役は自分だ!!!』

この言葉に尽きます。
マリーの生き様が集約されて
いるのではないでしょうか。

自分を曝け出すという行為に
遠慮や恥じらいを持たず自然体で生きていけば
どんなに人生を送れるのだろうか?
それはマリーが物語で僕たちに示してくれたように、
決して美しく楽な道のりでは無いはず。
描くのが辛く、目を覆いたくなるような
場面も多くありました。マリーはもういない。
しかし言葉は永遠に文字となり
人々の記憶に寄り添っていくでしょう。
いつの日か世界があらゆる固定観念の呪いから
解き放たれる事を願って」

だそうです!

ーーさらにマリーの「『最悪』シーンをコンプリート!」や、
ヘアスタイル全てを網羅した「ヘアスタイル・カタログ」まで・・・

↑マリーは作中19回
「最悪」
と呟いていたことが判明!

ーーもちろん読み物もたっぷりです。

↑舞台「イノサンmusicale」の主役も務めた
中島美嘉さんへのインタビューでは、
かつて聞いたことのない裏話や、美嘉さん自身の再発見が……


↑「ちはやふる」作者の末次由紀さんと
坂本さんとの対談は、漫画家さんや漫画家に
なりたい人は必読です!

ーー以上「イノサン」を熱愛するおふたりのインタビューのほか、
なんとKERA STYLEで連載された坂本さんへの
インタビューをほぼまるごと掲載!

↑高校生で漫画家デビュー、
その後約20年の暗黒時代を経て
現在の成功に至るまでの話は、必読!

ーーこのほか、「完成したもとの絵のもとを見てみたい!」
では洋服や小物のモデルとなったもののほか、
漫画を描く手順を公開。

↑なんと!こちらも一部は
KERA STYLEでも紹介したものですよ!

ーーさらにさらに!
ネーム(下書きの前の、台詞だけ入ったもの)と
アップした原稿の比較ページが!


↑これがこうなるんだ~、と驚くばかりです!!

ーーまた「イノサン」誕生秘話では、
担当編集さんからお話を聞かせていただいたり、
坂本さんの取材メモ帳や資料として使われた本を
見せていただいています。

↑パリのサンソン家の墓前で、
担当編集者さんとツーショする坂本さんの姿も

ーーこの画集『イノサンBleu(ブルー)』、
是非GETして、隅々まで見てください!
新しい発見もたくさんあるはず・・・❤︎

書店さんに注文していただくか、アマゾン通販にてどうぞ!


著者/坂本眞一
発行/Echelle-1

A4正寸、104頁
本体価格/3182円、税込み価格/3500円
[二大付録]
★超ビッグ!『イノサンBleu』カバーイラスト掲載A1サイズポスター
★ファンブック『イノサンMonochrome(モノクローム)』A4正寸、48頁

イノサンBleu販売情報Twitter
https://twitter.com/mp3NfjOYX0wYD1h

イノサンBleuHP
http://echelle-1.com/i/


ーー最後に、坂本さんにこんな質問をさせていただきました!
「イノサン連載終了後、
イノサンロスにはならなかったのですか?」

坂本
「不思議にロスという感覚に陥った事はないですね。
漫画で創造するキャラクターは
全て一本の糸で繋がっています。
それは今まで描いてきたキャラクターは
僕の身体を通してずっと繋がっていきます。
おそらくは漫画を描き続ける限りずっと。
新たな作品の中で全く違うキャラクターが登場しても、
シャルルやマリーの存在は決して消える事なく
反響しまた新たな意味を見出していくのです」

ーー坂本さんは現在、新作に向けて準備中だそう。
その中にマリーたちの存在が垣間見えることがあるのかもしれませんね。
楽しみです!

坂本眞一
Sakamoto Shin’ichi

1972年7月19日大阪府生まれ。1990年、『キース!!』で週刊少年ジャンプ第70回H☆S賞入選。1991年、同作でデビュー。2007年から連載した『孤高の人』は、2010年第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。2013年、『イノサン』が第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品に選出。2014年、『イノサン』が第18回手塚治虫文化賞(朝日新聞社主催)読者賞ノミネート。2015年、『イノサン』がマンガ大賞2015第7位。2016年、ルーヴル美術館特別展に『イノサンRouge』外伝「王妃アントワネット、モナリザに逢う」を出展。2018年、『イノサンRouge』が第21回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品受賞。2019年、『イノサンRouge』が第22回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品受賞。

坂本眞一Twitter
https://twitter.com/14MOUNTAIN
坂本眞一Instagram
https://www.instagram.com/14mountain/
イノサン公式ファンサイト
https://youngjump.jp/innocent/

 


取材・文/鈴木真理子


  • Gothic&Lolita 秋の祭典♡~Lieblich&Elegant

    Gothic&Lolita 秋の祭典♡~Lieblich&Elegant

    2020年10月28日更新

    Lieblich&Elegantからおもちゃ箱柄のとってもガーリーなジャンパースカートが届きました♪ リボンがいっぱいのベレー帽に衿のラインがポイントの白ブラウスを合わせてコーデしたよ♡人気Gothic&Lolitaブラ […]

  • ケラ!モの私服スナップ☆ 白川沙羅ちゃんのファッション・テーマは「パープル」♪

    ケラ!モの私服スナップ☆ 白川沙羅ちゃんのファッション・テーマは「パープル」♪

    2020年10月28日更新

    ケラ!モの気になる私服を徹底チェックする私服スナップ☆ 今回はフェミニンなカジュアルコーデの白川沙羅ちゃん♡白川沙羅(長野県出身・東京都在住)19歳・SacredMaidenカーディガン●GUカットソー、スカート●LOW […]

  • OSAKA STREET SNAP 457 天文時計柄のJSKにブラウン系の小物を合わせてクラシカルに♡

    OSAKA STREET SNAP 457 天文時計柄のJSKにブラウン系の小物を合わせてクラシカルに♡

    2020年10月27日更新

    天文時計柄のJSKにブラウン系の小物を合わせてクラシカルに♡大阪に集まるおしゃれさんを日々紹介!コトリコ(大阪府出身・在住)28歳。紅茶教室講師・152cm今日のファッション・テーマ●夜空の英国散歩ヘアアクセ、タイツ●I […]