FASHION Gothic&Lolita INTERNATIONAL

PUVITHEL: Items to Help People Express Themselves PUVITHEL:自分自身を表現することを後押ししてくれるアイテムたち(from Texas, USA、アメリカはテキサス州からお届けします!

2018年7月18日更新

PUVITHEL: Items to Help People Express Themselves
PUVITHEL:自分自身を表現することを後押ししてくれるアイテムたち

Interview by: Molly Ann
インタビュー: モリー・アン

写真クレジット
Photography: PUVITHEL
Lightningsavage Photography (http://lightningsavagephotography.weebly.com)
Molly Ann

Designer: Puvithel Angelynn Rajan
デザイナー:ピューヴィタル・アンジェリン・ラジャン
(https://www.etsy.com/shop/puvithel)

In Part 2 of my A-Kon American designer interviews, I was able to have a fun sit-down with designer, Puvithel Angelynn Rajan. PUVITHEL’s eye-catching fashion show productions are always something never to be missed. In a personal one-to-one, we got to talk about the interesting stories behind her brand, involving magical girls, crafting, and manga:
A-Konでデザイナーをインタビューするの第二弾。今回はデザイナーのピューヴィタル・アンジェリン・ラジャンととても楽しい時間を過ごすことができました。ピューヴィタルの目を見張るファッションショーは、どんなことがあっても見逃すことなんてできない。そんな彼女と一対一、彼女が立ち上げたブランド、そこにまつわる魔法使いのような少女たち、モノづくりとは、そして漫画について面白い話を聞くことができました。

Q. As a designer, you often fly out to fashion shows. Do you have any packing/traveling tips for readers?
Q: デザイナーとして、ファッションショーに参加するために飛行機に乗りますよね。荷物の整理や旅に出るときのちょっとしたコツを読者に教えてあげてくれますか?

A. I have a scale at home to weigh out my luggage. Even if you’re 2 pounds over, attendants will usually let it go. Hitting that 51-pound mark is what I go for.
A: 自分の家に荷物の重さを量る計りを持っているの。もし1キロくらいオーバーしても、係員の人たちはたいてい、見逃してくれるものよ。だからコツはね、制限いっぱいの50ポンドのところ、51ポンドを狙って荷物を詰めていくのよ。

Q. What was your path like to becoming a fashion designer?
Q: あなたがファッションデザイナーになるまでの道のりはどんなものでしたか?

A. My background was originally in nuclear engineering. I started jewelry making as a way to relieve stress; I found that doing something small with my hands was soothing. Then I started selling my accessories because I made too many items and spent a lot on supplies, as a way to make back my crafting supply money. Then it spiraled out of control! I’ve been doing really well as an artist and designer, so I might just stick with it.A: 私は元々、原子力エンジニアをしていたのです。宝石づくりは、本当にストレス解消のために始めたの。自分の手で小さなものを作ることがとても心地よいことだって、そう思ったのよね。それがいつかとてもたくさんのアイテムを作るようになってしまって、補給品にたくさんお金が必要で、その補給品のお金を取り戻そうと、作ったアクセサリーを売るようになったの。それがもう制御が効かなくなったということ。アーティストとして、またデザイナーとして自分はとてもよくやっていると思う。だからこれでやっていこうと思ってのよね。



Q. What is the vision behind your brand concept?
Q: あなたのブランドコンセプトを支えるビジョンはどんなものですか?

A. The vision for my brand is creating items to help myself and other people express themselves. I truly believe fashion and self-expression through fashion can help people manage stress, feel better, and grow as people. I also like to go for things that are loud and gaudy. I try to incorporate American punk and gothic styles into Japanese fashion.
A: 私がブランドに対して持っているビジョンは、自分も他の人も含めて、自分自身を表現することを助けるようなアイテムを作ることなのね。ファッションそのもの、そしてファッションを通し自己表現することで、ストレスとうまく付き合えたり、気分がよくなったり、人として成長できると強く信じている。それから私は、ど派手なものが好きなの。アメリカンパンクとゴシックのスタイルをJファッションに持ち込もうとしているの。

Q. Can you tell me more about your current menhera-inspired collection you will be showing at A-KON this weekend?
Q: A-Konの会場で今週末に披露する「メンヘラに影響を受けたコレクション」についてもう少し教えてくれませんか?

A. My current collection is called “Magical Girl First Aid Kit”. The idea behind this series is items you would find in a magical girl’s first aid kit. The story concept is that there is a magical girl nurse trying to fight off bad thoughts in the minds of narcoleptic girls sleeping their lives away and the tools the nurse uses to help fight off these bad thoughts.
A: 今回のコレクションは「魔法少女の応急処置セット」と呼ばれているもので、このシリーズを支えているアイデアは、魔法少女が持っている応急処置セットの中に履いているアイテムたち、ということなの。物語のコンセプトも、魔法少女が看護婦さんになって、眠り続けてしまっているナルコレプシー(過眠症)の女の子たちの心に芽生える悪い考えをやっつけていくというものなの。それとその悪い考えをやっつけていくときに使う道具が今回のモチーフね。

Q. What is one fashion item you could not live without?
Q: これがなくては生きていけないというファッションアイテムをひとつ教えてください。

A. My coffin purse that I take with me everywhere. I need this purse to carry all my things and it can clip onto my pants.
A: 私の棺桶型のハンドバッグ。どこに行くにもこのハンドバッグを持っていくの。必要なものをすべて入れてあるし、自分のパンツにもクリッピングして歩くこともできるのよ。

Q: What food do you want to try while in Texas?
Q: テキサスにいる間に、どんな食べ物を試したいですか?

A: Definitely barbecue. Also these little hot dogs in a bun, like pigs in a blanket. They are very delicious and cheap.
A: もう絶対にバーベキューよね。それからパンに挟まれた、あの小さなホットドッグ。毛布にくるまれた豚ちゃんみたいじゃない。とてもおいしいし、何より安いのよ!

Q: You always manage to surprise me with all your upcoming projects. What directions are you headed to with your next collection?
Q: いつもあなたの新しいプロジェクトには驚かされるのですが、この次のプロジェクトでは、あなたはどんな方向に向かおうとしていますか?

A: I would like to see how I could incorporate my aesthetic into decora. Not something to keep forever, but something to try in the future. I have collaboration with HARD DECORA coming up, where I will be experimenting with the concept of how to keep something PUVITHEL but also make it fun and decora. Decora really captures the essence of doing what you like because you want to!
A: 派手な飾りつけのデコラの中にどれくらい自分の美意識を入れ込めるかを見てみたいといつも思っているの。ずっと永遠に持っていたいものじゃなくて、でも、未来のいつか、試しに着たくなるようなものを作りたい。HARD DECORAとのコラボがこれから待っているんだけど、彼らとは、PUVITHELでありながら、楽しくて派手な飾りつけのデコラになるようなコンセプトを試したいのね。デコラであることが、そうなりたい自分になるということの本質をとらえていると思うの!

Q: You created photo books, accessories, and a clothing line; is there any another art form you would like to experiment with in the future?
Q: あなたは、写真集もアクセサリーも、そして洋服のラインまで作ってしまった。これから来る未来に、あなたがまだ試してみよう、実験してみようと思う何か別のアートの形式はありますか?

A: In the near future, I would like to make a short manga series, because there are all these giant stories behind my fashion collections that no one sees. I would like to write some of these down. Also, I’d like to produce a music video one day. It’s weird and unusual, but I find it similar to what I do for fashion shows.
A: 近い将来、自分で短いマンガシリーズを描いてみたい。なぜかというと、私のファッションの裏側には、誰も見ることがないすごく大きな物語が実は存在するからなのね。その中のいくつかを実際に描いてみたい。それからいつか、自分でミュージックビデオを制作してみたい。不思議なものや風変わりなものが多いじゃない。でもあれって私がファッションショーでやっていることに似ているような気がするんだ。


  • ガーリーStyle vs ボーイズStyle☆~ゆったりパンツでクールロックスタイル♪~

    ガーリーStyle vs ボーイズStyle☆~ゆったりパンツでクールロックスタイル♪~

    2018年8月17日更新

    アシンメトリーなフルグラフィックTシャツにロングベストを重ねて、ゆったりパンツを合わせたラフなスタイル♪ べストやパンツのジップがコーデのアクセントに!女のコらしさのあるガーリースタイルと、クールなボーイズスタイルを日替 […]

  • ガーリーStyle vs ボーイズStyle☆~インパクトTシャツでパステルポップな女のコ♡~

    ガーリーStyle vs ボーイズStyle☆~インパクトTシャツでパステルポップな女のコ♡~

    2018年8月17日更新

    インパクト大のプリントTシャツにパステルカラーのセーラーブルゾンをオン♪ ボトムもカラフルなチュールスカートでポップ&ガーリーに♡女のコらしさのあるガーリースタイルと、クールなボーイズスタイルを日替わりで配信♡ ストリー […]

  • Designer Interview: Rimma (ACDCRag)  デザイナー・インタビュー: Rimma(ACDC Rag)(from LA, the USA、アメリカ、ロサンゼルスからお届けします!)

    Designer Interview: Rimma (ACDCRag) デザイナー・インタビュー: Rimma(ACDC Rag)(from LA, the USA、アメリカ、ロサンゼルスからお届けします!)

    2018年8月16日更新

    Designer Interview: Rimma (ACDCRag) デザイナー・インタビュー: Rimma(ACDC Rag)Los Angeles, California USAJuly 2018Reported […]