CULTURE ENTERTAMENT

19歳の時から今のまま! 原宿に住む81歳のイラストレーター 田村セツコINTERVIEW(全10回)

2019年5月19日更新



原宿に住む、元祖ケラっこスタイル(!?)の田村セツコさん。実は昭和の頃に大ブームを起こしたイラストレーターさんで、81歳の今も引く手あまたの売れっ子。原宿には今から40年前、お店などほぼなかった頃からお住まいなのだそう。服装や髪型は19歳からのまま変わらないそうで、お仕事で描かれる絵に大きな変化もない。自分の感性を信じるままに生きてきた、セツコさんのライフスタイルに迫るインタビューです!

第1回

19歳でも81歳でもリボンにツインテール!
昔も今もずっと変わらない。
ブレない生き方をする田村セツコさんって、どんな人!?

ー現在のセツコさんー
原宿のマンションの一室にあるアトリエで、
私達ケラスタイルのスタッフを笑顔で迎えてくれた、
田村セツコさん。隣の人形は自作、
人形のスカートも自分でペイントして、時々自分ではくこともあるそう……。

そしてなんと……!
この日のセツコさんのスカートは、ひろったこうもり傘を解体して作ったもの!


こちらはアトリエにて。


自室兼仕事場でイラストを描くセツコさん。
この日は、雑誌のカバー用イラストに取り掛かっていました!



ー昔のセツコさん
セツコさんの昔の写真がこちら!
上の現在のセツコさんからあまり変わりがないです!
髪型もほぼ一緒……。
(セツコさんは、赤塚不二夫さんの漫画『ひみつのアッコちゃん』のモデルだという説がありますが、
たしかにアッコちゃんと同じ髪型ですね!)

そして美少女です!!(アイドルみたいですね♥︎)

※ちなみに、かわいい絵が描けるようおまじないをしているところだそうです




そして50歳の頃。全くぶれていません!!


ー昔のセツコさん作品ー

過去のセツコさん作品はこちら。

1970年代には一世風靡して、日本の少女達は皆、雑誌に掲載された「おしゃれページ」と呼ばれる、セツコさんが描くおしゃれ提案ページを読んでいました!雑誌のカバーイラストも……。


1970年、漫画雑誌『なかよし』5月号(講談社発行)

セツコグッズと呼ばれるファンシーグッズも各文具メーカーなどから発売され、大人気でした!


1960年代? セイカノートから出されたスケッチブック。


トンボのスティックのり「ピット」。

1980年には書籍「おちゃめなふたご」の表紙絵や挿し絵を描いて、今も続くベストセラーに。


1982年、書籍『おちゃめなふたご』(ポプラ社発行)

ー現在のセツコさん作品ー

雑誌「quilala」(小学館発行)のカバーイラストを毎号担当する他、雑誌『月刊清流』(清流出版社発行)、『いちご新聞』(SANRIO発行)でイラストエッセイを連載。さらにデコパージュ作品を多く出展して個展も。

こんなセツコさんのライフスタイルに迫るインタビューを連載します!
「こんな自由な生き方ってあるんだ!」
「一生ロリータやケラっこでいても大丈夫なんだ!」って
元気をもらえること、間違いなしですよ。

次回は・・・・・・・・
絵を描くのは好きだったけれど、そもそも銀行員として会社勤めしていたというセツコさん。それがなぜイラストレーターになったのか?イラストレーターの道へのチャンスはどのように掴んだのか? を語ってもらいます!

お楽しみに!


田村セツコ(たむら せつこ)
イラストレーター、エッセイスト。
1938年2月4日、東京生まれ、B型。高校卒業後、銀行の秘書として働きながらイラストレーターに。1960年代に雑誌「りぼん」「なかよし」のおしゃれ提案ページで活躍、70年代には多くの文具や雑貨の会社と契約、セツコグッズは大ブームになった。サンリオ「いちご新聞」では創刊の75年から現在までイラストエッセイ「HAPPYおばさん」を連載。80年代は『おちゃめなふたご』など名作シリーズの挿し絵を描き、今も続くロングセラーに。田村セツコオフィシャルブログでは、アリスみたいに奔放に毎日を好奇心いっぱいで飛び回るセツコさんの姿が見られます!https://ameblo.jp/setsuko-tamura/

 

ーーセツコさんの著書ーー


『田村セツコ HAPPYをつむぐイラストレーター』河出書房新社刊、内田静江編、1,600円


『孤独をたのしむ本 100のわたしの方法』興陽館刊、田村セツコ著、1,388円

ーーセツコさんの個展ーー



現在、とちぎ蔵の街美術館で田村セツコ展開催中です!8月4日(日)まで、セツコさんと縁がある栃木市のとちぎ蔵の街美術館で、初期の貴重な作品から最新作まで、セツコさんの長きにわたる幅広い活動を紹介しています! イラスト原画、油彩、コラージュ、グッズ類など、多彩な作品を通じて、ハッピーな気持ちになれる展覧会です。

 

会期/2019年4月27日(土)~8月4日(日)
開館時間/午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日/毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)
観覧料/一般(高校生以上)500円(300円)、中学生以下は無料 
()内は20名以上の団体割引料金 
*身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者1名は無料 
主催/栃木市、栃木市教育委員会、とちぎ蔵の街美術館
後援/朝日新聞宇都宮総局、産経新聞社宇都宮支局、下野新聞社、東京新聞宇都宮支局、毎日新聞宇都宮支局、読売新聞宇都宮支局、株式会社エフエム栃木、栃木ケーブルテレビ、株式会社とちぎテレビ、株式会社栃木放送

問合せ先/とちぎ蔵の街美術館
〒328-0015 栃木県栃木市万町3番23号
TEL:0282-20-8228 FAX:0282-20-8227
E-mail: k-museum@city.tochigi.lg.jp

ホームページアドレス
https://www.city.tochigi.lg.jp/site/museum/

 

ーーセツコさんがサポートするグループ展ーー
★「HAPPY FRIENDS!展」開催中!
開催中~6月3日まで

ikkA Gallery
東京都墨田区向島3-6-5
☎︎03-5637-8773
https://twitter.com/cafeikka

 

ーーセツコさんが講師をつとめる講座ーー
★「ようこそ!セツコの部屋へ」
毎月1回開催

東京・西武百貨店池袋本店・別館8・9階 池袋コミュニティ・カレッジ
☎︎03・5949・5486(代表)
https://cul.7cn.co.jp/programs/program_707164.html

 


協力★弥生美術館

取材・文★鈴木真理子
写真★三橋利江


  • Gothic&Lolita SNAP 205 甘すぎない黒のギンガムチェックでカジュアルに

    Gothic&Lolita SNAP 205 甘すぎない黒のギンガムチェックでカジュアルに

    2019年8月23日更新

    甘すぎない黒のギンガムチェックでカジュアルにSalon de Chateauに集まるおしゃれさんを日々紹介!撮影:KAJIIあんず(北海道出身・千葉県在住)39歳・主婦・155cm今日のファッション・テーマ●原点回帰ボン […]

  • 人気ブランドが贈るNEW STYLE~秋冬の最新アイテム紹介♡~【Victorian maiden】

    人気ブランドが贈るNEW STYLE~秋冬の最新アイテム紹介♡~【Victorian maiden】

    2019年8月22日更新

    秋らしいロング丈のブラウンチェックのドレスが登場♡ お嬢さま風の上品なスタイルが楽しめる1着♪ ハットを合わせてクラシカルな装いに。人気ブランドの秋冬の最新作を紹介♡ ロリータスタイルから、ドレッシーなワンピースまで、気 […]

  • Gothic&Lolita SNAP 204 寒色のネイビー&ラベンダーとホワイトで涼しげに

    Gothic&Lolita SNAP 204 寒色のネイビー&ラベンダーとホワイトで涼しげに

    2019年8月22日更新

    寒色のネイビー&ラベンダーとホワイトで涼しげにSalon de Chateauに集まるおしゃれさんを日々紹介!撮影:KAJIIまいこ(神奈川県出身・在住)21歳・151cm今日のファッション・テーマ●紺×ゴールドでゴージ […]