CULTURE ENTERTAMENT

19歳の時から今のまま! 原宿に住む81歳のイラストレーター 田村セツコINTERVIEW(全10回)

2019年6月23日更新

原宿に住む、元祖ケラっこスタイル(!?)の田村セツコさん。実は昭和の頃に大ブームを起こしたイラストレーターさんで81歳の今も引く手あまたの売れっ子原宿には今から40年前、お店などほぼなかった頃からお住まいなのだそう。服装や髪型は19歳からのまま変わらないそうで、お仕事で描かれる絵に大きな変化もな い。自分の感性を信じるままに生きてきた、セツコさんのライフスタイルに迫るインタビューです!


第6回

いつだって、メモ魔!
単語帳を首から下げてメモしたり。
コラージュで作るひらめきノートも!


ーーセツコさんの作品は現在コラージュ物が多いようですが、私生活のために作ったスクラップブックもコラージュ一杯ですね!


Doleの段ボールで作ったスクラップブック「ひらめきノート」のカバー。


中を開けるとこんな感じ……!


セツコ まず朝。新聞が来るでしょう。格好いいページや気になるコラムがありますからね、自然と手が動いて切って貼っているんです。眠気覚ましになります。舞台などのチケットとかも捨てないで貼ります。お芝居見ている最中に、チケットの裏に感想とか心の呟きを書きますから。真っ暗の中で……。
 なんでも閃いたものを挟むから、それが膨らんでアコーディオンみたいになっちゃう。

ーー作り方を知りたいです!

セツコ 東京・池袋コミュニティ・カレッジで「ようこそ!田村セツコのハッピー絵画くらぶへ」という講座を持っていて、絵日記を描くことを薦めているんですよ。そこではチケット、レシート、切り抜きなどなんでも絵の具の一種だと思って自由に貼って、最後に日にちを書けば絵日記になりますよ、って言っているんです。

ーーなるほど。

セツコ いいなと思ったものを切って貼ったり、記録する時に癒されるってこともあるかも。元気をチャージできるような。

ーーメモするのが好きだと聞きましたが。

セツコ そうです。メモ魔です。

ーーふだんのメモはどうされているんですか?

セツコ 思いついたことや、いいなと思ったことは、単語カードにメモしているんです。外出する時は首から下げて。それを時々見返したりするのが楽しい。


プレゼントされたハート型単語帳にメモしたもの。


使い切った単語帳は帽子入れに入れたり……。


トランクにしまったり……。


トランクもコラージュされたもの!

セツコ 自分がメモするのも、人がメモするところを見るのも好き。メモというのは、その人にとってのトピックを書くわけだから、おおげさにいえば宝物でしょう。自分にとってプラスになったカンジがするの。やった!って思える。日記も、たまに読み返すと「かわいいことかいてあるじゃない」って。後から読んでも発見があるし。そんな記録の積み重ねが好きなんです。

ーースケジュール帳はありますか?

セツコ こちらです!スケジュールと日記が書き込まれているの。これは私の事務所みたいなものですね!

こちらがいつも持ち歩いている手帳セットです!手帳は使い込まれたASHFORDのMICRO5(名刺サイズ)と、
モンブランのショートサイズの万年筆。どちらもお友達からいただいたものだそう。ポシェットはずっと昔、パリに行った際購入したSONIA RYKIELのもので、もう何度も直してずっとセツコさんのそばで活躍してもらっているそう。

 

次回は……セツコさんの身の回りのものを見ると、はっきりブランドだとわかるのは、上の手帳セットくらい。基本は「質素」を愛していて、贅沢に興味がないのだそうです。次回は、質素を大事にしながらもセンスに溢れる、セツコさんのお部屋をチラ見せします!部屋のテーマは「苦学生の屋根裏部屋」だそうですよ!

 


田村セツコ(たむら せつこ)
イラストレーター、エッセイスト。
1938年2月4日、東京生まれ、B型。高校卒業後、銀行の秘書として働きながらイラストレーターに。1960年代に雑誌「りぼん」「なかよし」のおしゃれ提案ページで活躍、70年代には多くの文具や雑貨の会社と契約、セツコグッズは大ブームになった。サンリオ「いちご新聞」では創刊の75年から現在までイラストエッセイを連載。80年代は『おちゃめなふたご』など名作シリーズの挿し絵を描き、今も続くロングセラーに。田村セツコオフィシャルブログでは、アリスみたいに奔放に毎日を好奇心いっぱいで飛び回るセツコさんの姿が見られます!https://ameblo.jp/setsuko-tamura/


ーーセツコさんの著書ーー


『田村セツコ HAPPYをつむぐイラストレーター』河出書房新社刊、内田静江編、1,600円


『孤独をたのしむ本 100のわたしの方法』興陽館刊、田村セツコ著、1,388円

ーーセツコさんの個展ーー



現在、とちぎ蔵の街美術館で田村セツコ展開催中です!8月4日(日)まで、セツコさんと縁がある栃木市のとちぎ蔵の街美術館で、初期の貴重な作品から最新作まで、セツコさんの長きにわたる幅広い活動を紹介しています! イラスト原画、油彩、コラージュ、グッズ類など、多彩な作品を通じて、ハッピーな気持ちになれる展覧会です。

 

会期/2019年4月27日(土)~8月4日(日)
開館時間/午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日/毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)
観覧料/一般(高校生以上)500円(300円)、中学生以下は無料 
()内は20名以上の団体割引料金 
*身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者1名は無料 
主催/栃木市、栃木市教育委員会、とちぎ蔵の街美術館
後援/朝日新聞宇都宮総局、産経新聞社宇都宮支局、下野新聞社、東京新聞宇都宮支局、毎日新聞宇都宮支局、読売新聞宇都宮支局、株式会社エフエム栃木、栃木ケーブルテレビ、株式会社とちぎテレビ、株式会社栃木放送

問合せ先/とちぎ蔵の街美術館
〒328-0015 栃木県栃木市万町3番23号
TEL:0282-20-8228 FAX:0282-20-8227
E-mail: k-museum@city.tochigi.lg.jp

ホームページアドレス
https://www.city.tochigi.lg.jp/site/museum/

ーーセツコさんが講師をつとめる講座ーー
★「ようこそ!セツコの部屋へ」
毎月1回開催

東京・西武百貨店池袋本店・別館8・9階 池袋コミュニティ・カレッジ
☎︎03・5949・5486(代表)
https://cul.7cn.co.jp/programs/program_707164.html

 


協力★弥生美術館、とちぎ蔵の街美術館
取材・文★鈴木真理子
写真★三橋利江ほか


  • OSAKA STREET SNAP 280 子供服ブランドで固めて紅林大空ちゃんオマージュコーデ

    OSAKA STREET SNAP 280 子供服ブランドで固めて紅林大空ちゃんオマージュコーデ

    2019年7月22日更新

    子供服ブランドで固めて紅林大空ちゃんオマージュコーデ大阪に集まるおしゃれさんを日々紹介!撮影:fuyukiまおちゃん(岡山県出身・在住)18歳・156cm今日のファッション・テーマ●子供っぽく♡くれちゃんに会いたい眼鏡● […]

  • 人気ブランドが贈るNEW STYLE~Gothic&Lolita夏の新作コレクション~【ALICE and the PIRATES】

    人気ブランドが贈るNEW STYLE~Gothic&Lolita夏の新作コレクション~【ALICE and the PIRATES】

    2019年7月21日更新

    ALICE and the PIRATESの新作はラメジャガード地の優美なジャンパースカート♡ シルエットはもちろん、レース使いなどの細部までこだわり抜いた特別な1着♪ インにレーストップスを合わせてコーデしてね♡Got […]

  • 19歳の時から今のまま! 原宿に住む81歳のイラストレーター 田村セツコINTERVIEW(全10回)

    19歳の時から今のまま! 原宿に住む81歳のイラストレーター 田村セツコINTERVIEW(全10回)

    2019年7月21日更新

    原宿に住む、元祖ケラっこスタイル(!?)の田村セツコさん。実は昭和時代に大ブームを起こしたイラストレーターさんで、81歳の今も引く手あまたの売れっ子。原宿には今から40年前、お店などほぼなかった頃からお住まいなのだそう。 […]