FASHION Gothic&Lolita INTERNATIONAL

Country Meeting – São Paulo – Brazil  カントリー・ロリータ集会 - ブラジル、サンパウロ(from Sao Paulo, Brazil ブラジルはサンパウロからお届けします!)

2018年7月14日更新

Country Meeting – São Paulo – Brazil
カントリー・ロリータ集会 - ブラジル、サンパウロ

By Ana Carolina de Oliveir
レポート:アナ・キャロリーナ・デオリベイラ・クスキ

On June 17th it was held in São Paulo-Brazil a country Lolita meeting, organized by Annah and Amy. The date wouldn’t be more appropriate: in June, Brazil has some popular culture commemorations called “festas juninas” (literally June parties). Those parties were introduced by the Portuguese in Brazil during the colonial period, and since then, have peculiar characteristics in Brazil. Usually, these are commemorated in countryside towns, with dancing, games, and traditional food. The way people dress for those parties is a kind of a country style: straw hats, braided hair (for girls), beard (for boys), and colorful clothing. And now you are asking me: what does it have to do with Lolita?
去る6月17日、ブラジルはサンパウロで、アナーとエイミーが主宰するカントリー・ロリータ集会が開催されました。とてもふさわしい時期に開催されたものなんです。6月、ブラジルでは、とても人気のある文化的な記念の催し物があるんです。「フェスタス・フニナス」と呼ばれています(6月のパーティー、という意味です)このパーティーは植民地時代にポルトガル人によって紹介されたもので、それ以来、ブラジルでは特別な位置づけを持った催し物になりました。田舎の街々でダンスやゲーム、伝統的な食べ物をふるまったりしてお祝いをするのが常で、そのパーティーに集まる人たちの着ていくものも大体は田舎のスタイルのもの。麦わら帽子に、女の子は髪を編み込みにして、男の子は髭を伸ばし、みんなでとてもカラフルな衣装を着ます。でもじゃあ、それがロリータと何の関係があるのって、きっとみなさんは聞きますよね?


People here in Brazil often will ask the lolitas “are you going to a June Party?”, and this is very annoying. So, the propose of the theme is today, if someone asks you if you’re going to a June party, finally you can answer “yes”! It was so cool doing that, when I was going to the bus station, three guys started to ask me “are you going to a June Party?”, and I was very annoyed, but then I remembered the theme, and thought, “yes, I’m am!”.
ブラジルではみんなが私たちロリータファッション愛好家に聞くんです。「君たちは、6月のパーティーに出かけるのか?」って。これがちょっと悩みの種なんですね。で、今回のテーマにしたことにつながるんです。この集会の時に、誰かが「ねえ、6月のパーティーに出かけるのかい?」聞いてきても、それには「ええ、そうよ!」と答えればよいことになったからです。それができるってとてもクールなことなんです。私がバスの停留所に向かった時も、男性が3人近づいてきて、「6月のパーティーに行くのか?」って話しかけてきたのです。私とムッとしてしまって。でも、そのときの今回のテーマを思い出したのです。「ええ、そう、その通り!」って答えたわ。


At the meeting, it was served traditional food, like popcorn, quentão (hot wine with cinnamon and ginger) and pamonha (a kind of a green corn cream).
Some lolitas were dressed in country Lolita, while some dressed as characters from the popular “square dance”, such as the Bride (we had two) and the Priest. The meeting also had the traditional bingo, where lolitas would win a gift from different Brazilian Lolita stores.

集会では、ポップコーンやクイントン(シナモンとジンジャー味のホットワイン)、そしてパモーヤ(緑色のコーンのクリーム)など伝統的な食事が出されたの。仲間たちの何人かはカントリースタイルのロリータ衣装に身を包んで、それからまた何人かは人気がある「スクウェア・ダンス」のキャラクター、ブライド(二人いたわね)やプリーストに扮していた。いつもの通りビンゴもあって、ブラジル地元のロリータストアからロリータファッション愛好家たちにプレゼントもありました。

このレポートを読んでくれてありがとう!


  • Happy Halloween Style20☆~ドクロのフードマフラーでゴシックテイストに♪~

    Happy Halloween Style20☆~ドクロのフードマフラーでゴシックテイストに♪~

    2018年10月18日更新

    パンキッシュなベアー柄シャツにルーズな着物袖カーデを羽織ったコーデ♪ ドクロのゴブラン織りのフードマフラーをプラスしてゴシック感を強調!今月はワクワクのハロウィン特集! この時期だから楽しめるキッチュでかわいくて、カッコ […]

  • Gothic & Lolita SNAP 108 シルクハットやジャケットでマニッシュさをプラス

    Gothic & Lolita SNAP 108 シルクハットやジャケットでマニッシュさをプラス

    2018年10月18日更新

    シルクハットやジャケットでマニッシュさをプラス原宿に集まるおしゃれさんを日々紹介!撮影●KAJIIのぎ(東京都出身・在住)社会人・155cm今日のファッション・テーマ●赤黒帽子●古着屋でジャケット●axes femmeブ […]

  • 週刊Dモーニング連載「着たい服がある」第7話

    週刊Dモーニング連載「着たい服がある」第7話

    2018年10月18日更新

    「自分らしく生きること」を題材にしたKERA監修の漫画『着たい服がある』が、週刊Dモーニングにて連載中!KERASTYLEでは、毎週木曜日に最新話から一話手前のお話を公開します。掲載は1週間のみなので、読み逃しのないよう […]