FASHION Gothic&Lolita INTERNATIONAL

Style Swap – Fairy Kei & Gothic Lolita スタイル交換会 - フェアリー・ケイ&ゴシック・ロリータの巻(from Mexico, メキシコからお届けします!!)

2018年4月4日更新

Style Swap – Fairy Kei & Gothic Lolita
スタイル交換会 - フェアリー・ケイ&ゴシック・ロリータの巻

By Regina Morales
レポート: レジーナ・モラレス

For J-fashion lovers like me, the style we choose to wear from Harajuku Fashion says a lot about someone. For instance, I have always been drawn to gothic, melancholic fashion and my take on Lolita is mostly dark and mysterious. And, when I met Kary I admired immediately her unabashedly girly, kawaii outfits in styles such as Sukeban or Fairy Kei, still I I found it hard to identify my own personality with something so pink and cute. It made me curious, actually. As the conversation went on I realized she felt the exact same way about gothic and Lolita, admiring the styles from afar without risking wearing them herself.
私のようなJ-ファッション愛好家にとって、お気に入りの原宿ファッションから自分で選ぶスタイル選ぶという行為は、その人となりの多くを語るものなのです。たとえば、私は普段からゴシックに惹かれています。メランコリックなファッションが好きなのです。私が思うロリータとは、ほとんどの場合が暗く、ミステリアスなものです。そして私がケアリーと出会った時のことですが、彼女は臆することなくスケバンやフェアリー・ケイといったスタイルのとてもカワイイ衣装を着ていて、私はそんな彼女を速攻で好きになって、尊敬してしまいました。そんなにピンクでカワイイ衣装、私自身の性格に照らし合わせると、やはりすぐには手が出ないな、なんて考えてもいました。ただし、興味があったことは事実です。彼女と話をしてみると、彼女の方もゴシック&ロリータのスタイルに同じような感想を持っていたことが分かってきました。自分では着る勇気がないから、遠くからいいなあと思いながら見ていたと…

And thus, the idea of the style swap was born. Since in February in Mexico is the month of love and friendship, we decided to do it both as an experiment and as a symbol of acceptance and partnership between different Harajuku styles.
そんなことで、スタイル交換、というアイデアが生まれました。メキシコでは2月は、愛と友情の月と呼ばれています。そこで私たちは決めたのです。このスタイル交換会は、単なる実験ということだけではなく、異なる原宿ファッションのスタイルの間における受容と相互関係のシンボルとしようということに。

I ventured far, up north in Mexico City and arrived at her house where we had a video interview, that you will be able to catch in her page Chidori in a few weeks, since Kary is as you read this enjoying a well-deserved trip to Japan, and a small photoshoot in which you will be able to see the before and after of each other trying our opposite style.
私はメキシコシティの北にあるケアリーの家に向かいました。彼女の家についてまずしたことは、ビデオ・インタビューでした。このビデオ・インタビューは、数週間するとケアリーのホームページ「チドリ」に掲載される予定です。数週間後になってしまうのは、ケアリーが待ち焦がれた日本への旅に出かけてしまうためなんです。とにかく、全く逆のスタイルを試した私たちの姿を、ビフォー&アフターとして写真に収めましたので、それも見てください。


Truth is I did feel cute and pretty, but not entirely myself as I wore her clothes. I think it was a great opportunity to get to know each other, as I giggled while she complained, saying wearing Lolita was a lot hotter than she imagined it would be and I told her I felt very naked having nothing to cover my thighs.
本当のことを言えば、私自身はカワイイ、プリティーだと感じたけれど、彼女の選んだ衣装を着ているときはやはり、なんだか自分自身ではないような気分になりました。それでもこうしてお互いのことを知る機会を持てたことはとても素晴らしいことです。彼女がロリータの衣装は彼女が想像した以上に、本当に暑苦しいと文句を言ったときなんか、私も思わず笑いだしてしまいました。私からは、カワイイ衣装を着て、太ももを覆うものが何もない感じは、まるで裸でいるみたいだって、反論しましたけれどね。


The images speak louder than words ever could, so I leave you with the image gallery and the thought that we are colorful allies and we should stand together if we are criticized or ostracized by our society, as it happens in mine, and coexist in peace and friendship, hoping that one day we won’t be inconvenienced with unwanted opinions and stares as we wear the fashion we love.
文字では語りつくせないこともイメージは高らかに歌い上げてくれます。イメージギャラリーを見ていただいて、私たちカラフルな協力者は、もし私たち自身の社会から批判されたり仲間外れにされたりしても、いっしょに立ち続けるぞという思いを皆さんに託します。私たちがそうであるように、穏やかで友好的に共存して、いつか自分たちの愛するファッションを着ても望まれないという意見や眼差しに晒されない日が来ることを願って…

Thank you for your reading this report!!


  • 週刊Dモーニング連載「着たい服がある」第15話ー別の話ー

    2018年12月13日更新

    「自分らしく生きること」を題材にしたKERA監修の漫画『着たい服がある』が、週刊Dモーニングにて連載中!KERASTYLEでは、毎週木曜日に最新話から一話手前のお話を公開します。掲載は1週間のみなので、読み逃しのないよう […]

  • 真冬のお出かけコーデ22♪~バイカラーのMA-1でハードめ女子スタイル~

    真冬のお出かけコーデ22♪~バイカラーのMA-1でハードめ女子スタイル~

    2018年12月12日更新

    メンズライクなMA-1にフェイクレザーのミニスカートを合わせたハードめ女子スタイル♡ キャスケットをプラスしてストリーEト感のある着こなしに!イベントが盛りだくさんの12月♪ 今月はクリスマスはもちろん、ライブやイベント […]

  • KERA SNAP in札幌 その2

    KERA SNAP in札幌 その2

    2018年12月12日更新

    2018年11月4日(日)にIKEUCHI ZONEにて札幌スナップを開催しました!今回はケラ!モのAKIRAちゃんがゲストで登場♪ ゴシックな王子様ルックで参加された方々を魅了しました♡震災の影響で開催をお待たせしてし […]