FASHION Gothic&Lolita INTERNATIONAL

Haenuli Designer Farewell Interview with Nunu  ヘヌリ・デザイナー、ヌヌ、さよならインタビュー (from the USA, アメリカからお届けします! でもインタビューは韓国から!))

2019年3月12日更新

Haenuli Designer Farewell Interview with Nunu
South Korea 韓国
ヘヌリ・デザイナー、ヌヌ、さよならインタビュー

Interview by R. Marie インタビュアー:レネー・マリエ

1) Renée Marie for KERA: Thank you so much for your time and responses, we look forward to hearing more about Haenuli Fashion and you!

So let’s get started – What inspired you to create Lolita fashion? Why not another style of fashion?
今日はご返事とお時間いただけて、ありがとうございます。ヘヌリファッションとあなたについてもっと話を聞かせてください。楽しみにしています。
さあ、始めましょうか。ロリータファッションを生み出しているあなたはどんなものからインスピレーションを受けていますか? なぜこのファッションスタイルを選んだのですか?

When I was young, I always wore lacey princess style clothes at the pre-school I attended in Monterey, California. My mother always had me wear pretty dresses because she wanted me to adjust well in that school. In my bedroom, there were two jars full of my hair accessories. My mom prepared so many that I never used the same hair decoration in the same month. And the dresses were numerous enough that I could wear a different one each day for two weeks before repeating. This might have been the beginning of a great yearning for Lolita as I started young. (Haha)
>まだ小さかったころ、カリフォルニアのモントレーというところで幼稚園に通っていたのですが、そこでレースのついた王女様のような恰好をして学校に行っていました。私のお母さんがそういうカワイイ用ドレスが大好きで、彼女としては私が学校に早く問題なく溶け込んでほしいという思いがあったみたいです。私の寝室にヘアアクセを入れたガラスの瓶が二つもあって、これも私のお母さんが用意してくれたもので、そんなにたくさんあったから、1か月を通して同じ飾りを2回つけていかなくてもいいくらいでした。洋服もたくさんあって、こっちのほうは2週間毎日違う服を着ても大丈夫なほどでした。これがロリータをすごく好きになってしまう、それもとても小さいころから好きになってしまった原因かもしれませんね(笑)

When my classmates were crazy about K-pop in elementary school, only I liked Takarazuka. At that time, their songs included such works as “Roses of Versailles” with Marie Antoinette as the main character, and “Elizabeth,” a musical set around the Austrian empress, which was represented by colorful lace and voluminous frills. I even went with my mom to the city of Takarazuka and bought a videotape for myself – and I still have it 20 years later. I remember that I made a promise to myself that I would wear clothes full of lace and ribbons when I grew up.
小学生のころ、他のクラスメイトはK-ポップに夢中だったけれど、私はひとり宝塚にむちゅうでした。その頃の歌にはマリー・アントワネットがメインキャラクターだった「ベルサイユの薔薇」ですとか、オーストリア女王のミュージカル「エリザベス」が大好きで、そこには色とりどりのレースやゆったりしたフリルがふんだんに使われていましたよね。母といっしょに宝塚の町まで行って、自分のためにビデオを買ったのを覚えています。20年経った今でも持っていますよ。大きくなったら私もあんなふうにレースやリボンがたくさん使われた服を着るんだって自分に誓っていたこともよく覚えています。

I think it was a childhood situation which resulted in my love for Lolita fashion these days. Even if I didn’t know Lolita fashion then, I think I would have learned about it later because I liked Malice Mizer, a J-rock band that influenced Gothic Lolita. I was a huge fan of Mana-san as a teenager.
ここまでロリータファッションを愛しているのは子供のころの状況が大きく影響していると思います。その頃ロリータファッションがあるということは知らなかったけれど、ゴシック・ロリータに影響を与えた日本のロックバンド、マリスミゼルがとても好きだったので、きっとその後すぐに知ったのだろ思います。10代のころからマナさんの大ファンでしたから。

2) Renée Marie: If you could do anything else, what do you think you would be doing?
もし他のことができるとしたら、何をしていると思いますか?

>> I had worked as a kindergarten teacher for several years before I started Haenuli as an official business. But even before that, I was working freelance as an illustrator for years. Because I like activities that I can do with my hands, I have participated in a lot in murals, illustrations, sculptures, and BJD Doll making. Even now, working with my hands is what I want to do the most.
>私はヘヌリを正式な仕事にする前に数年間幼稚園の先生をしていた経験があるんですよ。それ以前もフリーランスのイラストレーターとして働いていたこともあります。手を動かして仕事をすることが好きなんですね。壁画を描いたり、イラストを描いたり、彫刻や球体関節の人形作りにたくさん参加してきましたしね。今でも手を動かして仕事をすることがいちばん好きなんです。

3) Renée Marie: Can you tell me more about Haenuli Artworks?
ハエヌリのアートワークについてもっと教えて下さい。

> Haenuli Artwork is a Facebook page I created to introduce my personal artwork. I used to post drawings as a hobby, but then suddenly became famous for the Their Story – Story You Don’t Know (The Skeleton and the Girl) series. I started drawing to find a way to console myself, as I was going through a lot of depression. Depression is not something that can be avoided, so I started to embrace the melancholy to cope.
>ヘヌリのアートワークというのは、私が自分のアートワークを紹介したくてFacebookに作ったページです。趣味で描いたものを投稿していたのです。でも突然、それが有名になって。きっかけは「彼らの物語 - あなたの知らない物語(骸骨と少女)」のシリーズなのですが、最初は落ち込むことだらけだったので、自分を元気づけようと書き始めたものだったのです。落ち込むことは避けられないですけど、何とか陰鬱な気持ちを抱きしめてやっていこうとしたんですね。


The skeleton symbolized my depression and the girl represented me and I began to draw them accepting each other because they were linked together. It is a great honor for people to love your art and feel empathy. Although such strong reactions from people were so sudden and so overwhelming that I overreacted to all the sudden attention as I’ve never experienced anything like that before.
These days I just felt grateful for that whole time and I appreciate people who supported me even when I was upset at something that was so personal to me leaving my control. I feel I must somehow reciprocate the affection I have received.
骸骨は私の落ち込んだ心を象徴していて、少女は私自身。私はそのふたつが互いを受け入れてく姿を描いていきました。二人はつながっていますからね。人々が自分のアートを気に入ってくれたり、共感してくれたりすることはすばらしい名誉です。もちろん人々からそんなに強い関心が突然沸いてくると、圧倒されてしまいますし、私はその突然注目を浴びたことに過剰に反応してしまいました。そんなことそれまで経験もしたことがなかったですからね。最近はそれにもずっと感謝の気持ちを感じることができます。支えてくれる人々にも感謝しています。それは個人的なことで不安になることもありますよ、それでも受け取っている愛情はお返ししなくてはと思っています。

4) Did your drawing and artwork come before or after your fashion designs?
あなたの描くアートワークは、ファッションのデザインが決まる前にできるものですか、それとも後に?

>> I find this question interesting. I think it’s like, do I like my right hand or my left hand better? For me, the act of artwork and the act of making clothes is essentially the same as they are creating something. In fact, my artwork is printed on the fabric used in Lolita fashion, so it is hard to think of them as separate. But what’s really surprising is that both kinds of my creations are supported by people.
>とても面白い質問だわ。それは、自分の左手が好き、右手が好きと聞いているようなものかしら? 私にとってはアートワークを描くことも、洋服を作ることも何かを作っている意味で、基本的には同じです。事実、自分のアートワークをロリータファションの生地の上にプリントしたりもしますからね。分けて考えるのは難しいですね。でも、驚いてしまうのは私がどちらを作っても支持してくれる人々がいるということです。

5) What is one of the most challenging things you’ve done as a designer and artist?
デザイナー、アーティストとしてこれまでに行った最も難しかったことは何ですか?

>> I think having people sympathize with something is the most important aspect. I don’t think people can relate to art if it doesn’t resonate with them. The same goes for Lolita fashion. If the dress design is not convincing, people’s hearts will not be moved. People who enjoy Lolita fashion have a strong desire to connect with beauty on a deeper level. I think the most difficult part of designing is moving people.
>何かで人々に共感してもらう。これが最も大事な要素だと思っています。アートとも共鳴できないものであれば、関係性を持てないと考えています。ロリータファッションでも同じです。ドレスのデザインに説得力がなければ、人々の心は動かないと思います。ロリータファッションを楽しんでいる人々は、ひとつ深いレベルで美しさとつながっていたいという強い望みを持っています。デザインで最も難しいのは、人々の心を動かすことじゃないですかね。

6) Where do you get inspiration for your prints and designs?
あなたがデザインするプリントやデザインはどこからインスピレーションを得ていますか?

>> I am greatly influenced by fairy tales, musicals, and art galleries. I especially love to watch my favorite musicals many times. I’ve watched the Jekyll and Hyde musical five times, and in the case of Elizabeth performed by Takarazuka in 1998, I’ve watched that VHS so many times the tape is now stretched. Although a video is really good, and it allows me to relive something, there’s nothing quite like a live performance happening directly in front of you.
>おとぎ話やミュージカル、それからアートギャラリーなどにとても強く影響を受けていますね。お気に入りのミュージカルは何度も何度も見直してしまうくらいです。「ジキルとハイド」のミュージカルは5回観ましたし、1998年に宝塚でエリザベスが公園された時も、その時のVHSテープをもう何度見たことか。ビデオテープが伸びきってしまうまで見ましたよ。ビデオはいいですよね、何かを発散させてくれるのですが、自分の目の前で直接物事が起こるライブの演技にかなうものはありません。
I also like to spend a long period of time in art galleries. My husband and I went on a date to a special exhibition at an art museum, and it was a quite small scale exhibition. It was a Dresden ceramics exhibition, and I was very excited about the baroque style. Soon after we entered, I grabbed his arm and passionately explained the artworks for three hours in that small exhibition hall.
I really like the art history and style from the Renaissance to Art Nouveau. When I go on a business trip to the West, if there is a chance, my first priority is checking what museums are available. Walking through those quiet hallways, it feels like I am walking in the presence of great artists of the past.
それからアートギャラリーで長い時間を過ごすことも好きです。夫と私で美術館の特別展示にデートにも行きました。小さな規模の展示会でしたけれど、それはドレスデンの陶器の展示化で、私はそのバロックスタイルにとても興奮してしまってね。美術館に入ってすぐに私は夫の腕をつかんで、それから3時間その小さな展示ホールで、アートワークについておしゃべりしっぱなし。ルネサンスからアールヌーボーのアートスタイルと歴史が特に好きです。ヨーロッパに出張にいってチャンスがあるときはいつも、どんな美術館があるか調べることが優先順位の上位に来ます。静かなホールを歩き回ることで、過去の偉大な芸術家たちの存在を感じることができるのです。

7) Share your process of designing a dress with us, please! From conception to creation, how long does it take to create a dress for Haenuli brand? What are the steps along the way? (note: a simple overview is fine, doesn’t need to be super detailed).
ドレスをデザインするときの過程を教えてください。コンセプトから実際の作成まで、ヘヌリブランドではひとつのドレスを作るのにどれくらいの時間がかかるのか? それに要する工程は? すっごく細かくなくてもいいので、概要を教えてください。

(I’ve attached some comics about this with English and Japanese translations ^^)
これに関してはコミックを貼りますから、それを見てください。英語と日本語、両方あるのですよ。

8) What is your favorite release from your own brand?
自分のブランドからリリースされたもの、どれがお気に入りですか?

It’s too hard for me to choose only one. I care about all of them and they are all special in their own way. Still, there are two that connect with me more than others; Just One Bite and Notre Dame De Paris. The Just One Bite design is based on Snow White, but it depicts death, evil witches, and forlorn dwarfs around Snow White. I actually spent more time on the dwarfs than I did Snow White as all their clothes and facial expressions are different. I don’t think it’s impossible for characters to show sadness in Lolita fashion. I wanted to add bittersweet design with a grieving Quasimodo holding a lifeless Esmeralda in the center of the design. I think the storytelling aspect of the design is very interesting. The characters have their own thoughts and feelings and experiences. I want to add such aspects of design in the future.
ひとつを選ぶのは難しいですね。ひとつひとつを重要だと思っていますし、それぞれの在り方でみんな特別の存在ですから。それでも他よりも自分とのつながりが強いと思っているものがふたつあります。Just One BiteとNotre Dame De Parisです。Just One Biteは白雪姫がデザインのモチーフですが、白雪姫の周りの死や悪い魔女、孤独な小人たちを取り上げています。事実、白雪姫より小人の方にずっと時間がかかってしまっているの。服も表情もひとりひとり全部違うものにしたから。私はロリータファッションで悲しみを表現することも無理ではないと思っています。デザインの真ん中に悲しむカシモドが命を落としたエスメラルダを抱きとめるというほろ苦いデザインを加えましたしね。デザインに物語を語る要素が入っていることが面白いと思うの。キャラクターにはそれぞれ自分の考えや感情、経験がありますから。それを未来のデザインにも要素として取り入れたいと思っています。

 

9) What’s in your closet? What other fashion brands do you admire or own? Tell us more about your style!
ご自身のクローゼットの中にはどんなものが入っています? 他のファッションブランドではどれが好きで、どれを持っていますか? あなたのスタイルについて聞かせてください。

More than 95 percent of my wardrobe is Lolita fashion. I like classic designs with many ruffles and lace. When it is too cumbersome to wear fully layered Lolita fashion, I like to wear Otome fashion.
I like Metamorphose and Innocent World. For casual brands, I like to wear Axes femme and Favorite the most.
My favorite brand is the Pink House of Kaneko Isao style. I think Pink House is a slightly different genre from Lolita fashion, but it reminds me of a fashion style that Tasha Tudor would wear.
持っているワードローブの95%はロリータファッションね。たくさんのひだひだやレースがついたクラシックなデザインが好きです。何重にも重なったロリータファッションを着るのが面倒な時は、乙女ファッションがいいですね。MetamorphoseやInnocent Worldが好きです。カジュアルなブランドであれば、Axes femme and Favoriteがすごく気に入っています。
私のお気に入りのブランドは、ピンクハウスの金子功さんのスタイルが好き。ピンクハウスはロリータファッションとは少し違っているけれど、ターシャ・テューダーが着そうなファッションだなって思わせてくれるので好きなんです。

10) Do you have any advice for new designers or artists? What can they do to achieve success?
新人のデザイナーやアーティストにアドバイスをいただけますか? 成功を収めるにはどうしたいいですか?

>> I think it’s a difficult question. Speaking from the perspective of a Lolita fashion designer who started a business, I’d like to tell some of my experiences to those who are preparing for starting their own business. First, I was able to get some small business support from the local government. Many countries subsidize start-ups, more than most people think. No matter how small business maybe when it starts, it takes money for an initial investment.
>難しい質問ですね。ロリータファッションのデザイナー、それもビジネスを展開してしまった人間という視点で話すのであれば、自分でビジネスを始めたり、その準備をしている方々に私の経験をお伝えすることはできると思います。ます、地元の行政から小さなビジネスを始める補助をしてもらうことができたこと。みんなが考えるよりもずっと多くの国でスタートアップに対する助成金が出されています。どんなにビジネスが小さくても、始めようと思うと最初の投資というものが必要、お金が必要となりますからね。
Second, be sure to do your accounting correctly. If the calculations are not accurate, the business becomes very difficult. When a transaction occurs, some people consider the amount of that transaction to be pure profit. In this way, they are confusing gross and profits. However, if you take the total, then remove the cost of materials, labor, packing, and any other kinds of overhead, you will see that there aren’t as many profits as first thought.
それから2つ目は、お金の勘定、経理を間違わずにすること。計算が正確でないと、ビジネスはとても難しいものになってしまいます。取引きが始まると、その取引された金額全てが収入だと思ってしまう人がいるのですが、それは売上総額と収入をはき違えているだけです。総額を見たら、そこから材料費、輸送費、パッキング、人件費などのコストを引かないといけません。そうすると最初に思ったより本当の収益というのはずっと少ないものなのですよ。
Third, success has not come because I’m good at what I do. There are so many talented people in the world! I’ve only been able to maintain the business because I am supported by people who value my talent. If the people that support me stopped supporting me, do you think I’d still be here [for as long as I have]?
三つ目は、していることが得意だからといって成功するとは限らないのです。世界には才能がある人がたくさんいます。私がビジネスをこうして続けてこられたのは、私の才能を評価してくれる人々に指示されてきたからです。もしそういう人たちが指示してくれなくなったら、私がここにいられると思いますか?
I must not forget that I have been able to stay open only by the support I have been receiving. Modesty is the greatest virtue.
忘れてはいけないのは、受けてきたサポートがあってこそ、こうしてビジネスを続けてくることができたということです。慎み深いことはとても大きな美徳です。

11) What is next for the Haenuli Lolita fashion brand? Please tell us about future releases, collaborations with other artists, and upcoming events or other news.
ヘヌリ・ロリータファッション・ブランド、次のステップはどんなものになりますか? 将来のリリースに関して教えください。他のアーティストとのコラボや、これからのイベント、他のニュースなどありますか?

>> I have only recently been open with people about closing the first season of Haenuli shop. It’s been 12 years I’ve been doing this business and I feel so incredibly grateful for the super support given from all over the world. Connecting with my Lolita sisters has felt like traveling around the world. When I send my dresses to customers, I felt as if a piece of me is being sent to that country. I feel a part of me has gone to these countries, even if have not personally visited. It feels wonderful to be loved so much just because I made the clothes I wanted to wear! I know I’m lucky to get so much love. As I’ve been sending out parts of me for these last 12 years, I feel it is time to send some of this positive energy to my family and have a chance to recharge myself.
>最近になって、ハエヌリショップの第一期、ファーストシーズンは終了するんですってことを関係者に伝え始めたところなの。このビジネスを始めて12年になり、世界中から多くのサポートをいただいていることにとても感謝しているの。ロリータシスターズたちとつながっていることで、世界中を旅している気持になる。私のドレスをお客様に送り出すとき、私の一部がその国に飛んでいくような気持ちになります。そこに個人的に行っているわけではないけれど、それほどまでに愛されていると感じることはすばらしい。本当に自分で機体服を作っているのでなおさらなんです。こんなに愛してもらえるなんて、とても幸運だと思っています。この12年間、私は自分の一部を送り出してきました。今はこのポジティブなエネルギーを自分の家族に向ける時が来たと考えています。それに自分にも充電が必要だなって。

Haenuli season two is hard to describe at the moment as I honestly don’t know what it will be. I don’t intend to fully quit Lolita fashion, so I’d love to work with other designers as creative outlets. I think that day will come soon because I have been formulating ideas to do with other designers.
ヘヌリのシーズン2は、今説明するのは難しいですね。本当にどうなるかまだ私にも分かっていません。ロリータファッションをやめてしまうつもりは少しもありませんけど、クリエイティブな仕事として他のデザイナーさんとも仕事がしてみたい。他のデザイナーさんとどうやったら仕事ができるか、いろいろアイデアを出しているので、その日が来るのも近いとは思います。

Haenuli Artwork will probably deliver updates with what I’m working on. And that might that be dolls, sculptures, or drawings.
ヘヌリのアートワークはたぶん、いま取り掛かっているものがあるので最新版をお届けできると思います。それは人形とか、彫刻とか、もしかしたら描いた絵になるかもしれません。

In June, I will formally conclude Haenuli season 1 with a final event in Germany “Träumerei an event by street fashion Europe”. The greatest joy will be meeting with attendees who have shared in this passion of mine.
この6月に正式にヘヌリシーズンは、ドイツで最後のイベントに参加して終わります。” Träumerei an event by street fashion Europe”というイベントです。この私の情熱を共有しえ貰える参加者の皆さんとお会いできるのがとてもうれしいですね。

12) Anything else you’d like to share with KERA readers?
何か他に、KERAの読者と共有しておきたいことはありますか?

>> It was a pleasure to meet everyone I have had the opportunity to meet face to face. I’ve made clothing seasoned with your love. I’ll continue to work hard so that I can earn this blessing you have given me.
直接お会いする機会を持てた方々、本当にうれしく思っています。あなた方の愛があってこそ、私はドレスを作ってこられました。これからも皆さんからいただいた祝福に応えられるよう一生懸命に頑張り続けます!

Renée Marie to Nunu, Haenuli Fashion Designer: Thank you again for sharing your thoughts and expertise as a professional in Japanese Street Fashion, we sincerely appreciate your time and efforts. 🙂
レネからヌヌ、ヘヌリのファッションデザイナーへ。 ジャパニーズストリートファッションのプロとしてのあなたの考えや専門知識を分けてくださって本当にありがとうございました。この時間とお気持ちに本当に感謝します!


  • OSAKA STREET SNAP 317 おもちゃの変身ベルトをファッションアイテムにした斬新アイデア

    OSAKA STREET SNAP 317 おもちゃの変身ベルトをファッションアイテムにした斬新アイデア

    2019年11月17日更新

    おもちゃの変身ベルトをファッションアイテムにした斬新アイデア大阪に集まるおしゃれさんを日々紹介!べりたん(京都府在住)今日のファッション・テーマ●変身ベルトTシャツ●MILKBOYベルト●バンダイパンツ●DANKE SC […]

  • 人気ブランド別♥華やかに装う冬のおでかけコーデ【RoyalPrincessAlice】

    人気ブランド別♥華やかに装う冬のおでかけコーデ【RoyalPrincessAlice】

    2019年11月16日更新

    RoyalPrincessAliceからキュートな和ロリスタイルが楽しめる、お狐様プリントのアイテムが登場♡ 年末年始のお出かけにもおすすめ!ロリータスタイルはもちろん、モード系やゴシックスタイルまで、人気ブランドの秋の […]

  • 人気ブランド別♥華やかに装う冬のおでかけコーデ【Innocent World】

    人気ブランド別♥華やかに装う冬のおでかけコーデ【Innocent World】

    2019年11月15日更新

    Innocent Worldからクラシカルなバラ柄ワンピースが届きました♪ スタンドカラー、レースの前立て、ロング丈など大人ロリータにぴったりなデザインを詰め込んだ1着♡ コサージュ付きベレー帽を合わせて冬らしいコーデに […]