FASHION Gothic&Lolita INTERNATIONAL

Segunda Reunión Decora CDMX  デコラ 2度目の再会:CDMX(from Mexico、メキシコからお届けします!)

2019年1月18日更新

Segunda Reunión Decora CDMX
デコラ 2度目の再会:CDMX

Text: Chai Latte
レポート:チャイ・ラテ
www.facebook.com/chailattelolita
www.instagram.com/chailattelolita
Photography: Black Tanke Duran
写真:ブラック・タンケ・デュラン
www.instagram.com/blacktankeduran

It has been quite a long time since I wanted to dedicate an article to Decora fashion. I find it hard to make something so kitsch work, and yet I have seen time and time again fabulous outfits, no matter which color palette or inspiration that has taken my breath away, even if I can’t imagine myself wearing it I have always admired those who do.
デコラファッションについて記事を書こうと思ってからずいぶん経ってしまいました。ゴテゴテと飾り立てたものがうまくいくことがなかなか想像できなかったのですが、それでも時折、すばらしい服に出会いました。どんな色彩のパレットを使ったとしても、どんなものからインスパイアされたものであったも、息をのんでしまうことには変わりはない。私自身がそれらを着ることはなかなか想像できなかったけれど、デコラを着ている方々をいつも憧れの目で見ていました。


This is the main reason behind this article, that one time I snuck inside the Segunda Reunión Decora CDMX, in full gothic Lolita and just about in time for my favorite time of the year: Halloween.
それがこの記事を書こうと思った大きな動機。そして今回、セグンド・リユニオン・デコラCDMXに潜入。ゴシックロリータさんたちで溢れた会場。そして私が一年で一番気に入っている季節、そうハロウィンの季節にその会は行われました。


It was organized by stylish Yukicornio, one of the most known Decoras in the city, her channel Unicornio Harajuku a must for anyone interested in tutorials, interviews, and reviews in Spanish in general about Harajuku Fashion, Darien Schartz, the talented king of invention. His style is so unique, a fusion of Mexican elements along with Japanese streetwear he is one of the great creative minds from the Latinamerican scene. Also organizing was Elay Puffle whose style can be really sweet or dark, but whose love for detail can be seen in every one of his outfits. Last but not least, Alex Ryohei, who doesn’t use decora style himself but shares the love for it helped along organizing, making him vital for the event.
この会を組織したのは、まずかっこいいユキコルニオ。彼女は街で一番のデコラのひとりで、彼女のチャンネル、「ユニコルニオ・ハラジュク」は、原宿ファッションに興味があって、スペイン語でのチュートリアルやインタビュー、そして評論興味がある人は絶対に見てほしいチャンネル。そしてもうひとりはダリエン・シャルツ、才能に溢れた発明王。彼のスタイルはとてもユニークでメキシコの要素に日本のストリートファッションを組み合わせたラテンアメリカが誇るもっとも偉大なクリエイティブな心の持ち主のひとり。そしてもうひとりは、イーレイ・パフル。スイートなファッションもダークなファッションもどちらもいけて、細かさへの愛は彼の洋服の隅々に見ることができる。そして最後はアレックス・リョウヘイ。彼自身はデコラではないけれど、そのスタイルを愛する心で運営を助けてくれて、このイベントには欠かせない存在でした。


The event was held at a park, the outdoor location helpful as an interesting backdrop for photos and spacious enough to hold all of the assistants. The event was simple, a small runway with the participants for the best dressed as we simultaneously had a personal photo shoot with the support of both Asia Stage and Gus Black Tanke, and prizes given by brands like Sweet and Sour (kawaii accessories and apparel) and Sahar Cosmetics among a few others.
It was mostly a relaxed event, where most of us could chat amongst ourselves, which I enjoyed very much, almost as much as witnessing the love and care with which they create their outfits, following the inspiring aesthetic of both Halloween and the popular Mexican holiday Day of the Dead.
イベントは公園で行われました。野外のロケーションで、写真をとる背景は面白いし、どんなに人数がいても十分な空間はうれしかった。イベントは簡潔で、最高の衣装を競う参加者が小さなランウェイを歩き、同時にアジア・ステージとガス・ブラック・タンケの力を借りて個人的な写真撮影を行う。賞はスイート・アンド・サワー(かわいいアクセやアパレルのブランド)やサハール・コスメティックなどのブランドから提供されていた。全体的にはリラックスしたイベントで、ハロウィンと人気のあるメキシコの休日「死者の日」にインスパイアされた美しい洋服を作ってきた愛と気持ちを目撃することができるイベントだった。


I must admit even if I don’t wear the substyle myself, the attendees were lovely, interesting and had a lot to offer. I even felt the curiosity of trying it myself, with the help of Yukicornio I hope someday soon I will be able to make a proper outfit to show you all.
このデコラ自体は自分では着ないけれど、参加者はとってもかわいらしく、面白く、そして多くのことを教えてくれた。自分でも着てみたいと好奇心を持つまでになったことを認めないといけない。それもすべてユキコルニオのおかげ。みんなに見せられるようなかっこいい服をそう遠くないいつか作れるようになればいいなと私自身は思っています。


As always I close this article encouraging any of you who want to try Decora fashion to be brave and try for yourselves. Even if it’s not as good as you would like it at first, you’ll get there eventually and we hope you can join us in the future, online and maybe even in person.
This is all for now, and I hope you will remain here for my next article about the grandiose Lolita event in Puebla called la Corte de la Reina.
いつも通り、デコラファッションを身につける勇気を持ちたいと思っているあなたを応援しながら、この記事をおわりにします。最初は思ったほどうまくいかなくても、いつかはそこまで行きつくし、いつか将来、オンラインで、そしてもしかしたら個人的にもどこかでつながれればいいなと思っています。
今日はここまで。次回の私の記事は、ラ・コルテ・デ・ラ・レイナというプエブラでのロリータイベントについてです。それまでみんな、ここにいてくださいね!


  • 2月2日(土)に開催した「KERA×漫画『着たい服がある』第1巻発売記念Tea Party」の様子をレポート♡~ファッションショー編~

    2月2日(土)に開催した「KERA×漫画『着たい服がある』第1巻発売記念Tea Party」の様子をレポート♡~ファッションショー編~

    2019年2月21日更新

    去る2月2日(土)、原宿のレストラン「ジャルダン・ド・ルセーヌ」にて、漫画『着たい服がある』の第1巻発売記念お茶会が開催されました!当日はロリータシンガーソングライターの有坂愛海さんを司会進行役に迎え、作者の常喜寝太郎先 […]

  • 2月2日(土)に開催した「KERA×漫画『着たい服がある』第1巻発売記念Tea Party」の様子をレポート♡~トークショー編~

    2月2日(土)に開催した「KERA×漫画『着たい服がある』第1巻発売記念Tea Party」の様子をレポート♡~トークショー編~

    2019年2月21日更新

    去る2月2日(土)、原宿のレストラン「ジャルダン・ド・ルセーヌ」にて、ケラ!が監修している漫画『着たい服がある』の第1巻発売記念お茶会が開催されました!当日はロリータシンガーソングライターの有坂愛海さんを司会進行役に迎え […]

  • OSAKA STREET SNAP 153 昭和レトロを現代風にアレンジした双子コーデ

    OSAKA STREET SNAP 153 昭和レトロを現代風にアレンジした双子コーデ

    2019年2月21日更新

    昭和レトロを現代風にアレンジした双子コーデ大阪に集まるおしゃれさんを日々紹介!左:のん©(群馬県在住)21歳・153cm今日のファッション・テーマ●ネオギャルサロペット、ブラウス●古着屋でバッグ●PINK HOUSE靴● […]