ENTERTAMENT

優美な世界観でファンを魅了し続けたKAMIJOの全国ソロツアーが遂にファイナル。初音ミクをゲストに迎えて行われた、エレガントで前衛的な最終公演をレポート!

2018年8月8日更新

今年3月から、3年半ぶりとなるオリジナルアルバム「Sang」を引っ提げ、全国ツアーを行っていたKAMIJOが、7月15日・台場のZepp DiverCity TOKYOで遂にファイナルを迎えた。謎めいたフランス革命時のヒストリーとともに展開される、斬新で華やかなライヴの様子をお届けするよ。

ライヴのスタートと同時に現れたのは、ステージセンターに設けられた額縁に映し出された謎の人物・サンジェルマン伯爵の肖像画。4千年を生き、過去も未来も知るというその錬金術師が、今回のツアーのストーリーテラーだ。ファンが持つ青いバラのライトが、KAMIJOの妖しく厳かな世界観に一層拍車をかける。

いよいよ、KAMIJOの登場。白いブラウスと黒の革パンに漆黒のロングコートをなびかせたKAMIJO、そして、白ブラウスにスタイリッシュなブラックスーツ姿で揃えたメンバーのMeku(G)、Anzi(G)、時雨(B)、YUKI(Dr)が颯爽と登場すると、それまで慎ましく物語に耳を傾けていたファンが、同じ人物とは思えないほど激しいヘドバンで髪を振り乱す。

それに応えるかのように「Nosferatu」「Emigre」をぶちかますKAMIJO。ライヴの熱量も万全だ。すると再び、センターの額縁ではストーリーが展開される。今度は、現代のニュース番組風のVTR。今回のライヴテーマでもある「エミグレ制度」(人間の血を新エネルギーにする制度)についてコメントするデーブ・スペクター氏の登場に、客席ではクスリと軽い笑いも。VTRが終わると、次なる曲、アップテンポなロックチューン「Vampire Rock Star」で一気にKAMIJOの世界へと引き寄せ、「おまえたち!革命を知っているか!ボクに続いてくれ!」と促しながら「Bastille」へ。「Bastille!!」と叫びながら激しくジャンプするファンの姿は、もはやフランス革命勃発前の民衆さながら。そして、そんな民衆(ファン)を鎮めるかのようなメロディアスな「Symphony of The Vampire 第五楽章[Sonata]」が、フランス革命という嵐の前触れを予感させる。
センターの額縁に再び映る現代ニュース風のVTRで次なる展開を煽ると、満を持してナポレオンの肖像画が登場。「闇夜のライオン」で、右手を振り上げ叫ぶ民衆(ファン)と、それを諭すようなMeku(G)の美しいギターの旋律が交互に繰り返され、会場に不思議な一体感を生みだしていく。さらに、「Delta」「Castrato」「Ambition」「SangⅠ」「Sang Ⅱ」の力強いKAMIJOの歌声やMekuとAnzi(G)が奏でるうっとりするようなギターの競演で、その結束力はより強固なものに。KAMIJOが創り出す独特の世界観が確立されていく。

いよいよ、ライヴは最高潮に。額縁に映し出されたのは、マリーアントワネットの肖像画。<マリーアントワネット処刑>の文字に続き、その息子である幼少のルイ17世の肖像画へと変わると、青いバラを手にしたKAMIJOが「Louis~艶血のラヴィアンローズ~」を歌い上げ、続けて、バラード「Sang ~君に贈る名前~」へ。メンバーとファンが揺らす青いバラが美しく重なりながら、少年たちの儚い命を憂い、エンディングへと向かう。
フランス革命を元にKAMIJO自ら脚本・演出・作詞・作曲のすべてを担い、三編に分けて構成された壮大なストーリーはこうして静かに幕を閉じた。

と、思いきや、KAMIJOの構想はこれでは終わらない。過去を紐解いた後は、未来へ……。
額縁の中に現れたのは、なんと電子の歌姫“初音ミク”。KERAではお馴染みのブランド、Moi-même-Moitiéのデザインによるエレガントでゴシックなドレスを纏っての登場だ。ミクカラーの青いラインをあしらった黒いドレスに黒いリボンのヘッドドレスを合わせた着こなしに、トレードマークのツインテールがクールに映えてカワイイ。
メンバーの演奏に合わせ、なめらかに踊りながら「私たちは戦う、昨日までの自分と」を歌い終わると、ミクが「ボンジュール!呼んでくれてありがとう」と挨拶。すると、KAMIJOも「お姫様、20公演ありがとう。ミクちゃんのおかげで、ダークな世界も和らぎました(笑)。リアルもバーチャルも思う気持ちは同じ。そんな思いでライヴを創り上げました。」と言い、KAMIJO&初音ミクで「Sang-Another Story-」を披露。フランス革命とバーチャルシンガーをコラボさせるKAMIJOの前衛的センスが爆発した。

その後、一旦、ステージを下りたKAMIJOは、今度は“ベルサイユのばら”のオスカルを思わせるスタイルで再登場(KAMIJOほどリアルオスカルな人物は他にいないのでは……と思う)。アニメ“ベルサイユのばら”の主題歌であり宝塚の名曲でもある「薔薇は美しく散る」を熱唱すると、MCで今後の告知をたっぷり伝え、メンバーの手拍子に合わせて「Mystery」へ。そして、「ここからは、打ち上げだ―!」そういって、ステッキを回しながらリズミカルな「Moulin Rouge」でキャバレーのショータイムを演出。KAMIJOに絡む時雨のベースソロが妖しく揺らめく。続けて「Symphony of The Vampire 第四楽章[Dying-Table]」を演奏するメンバーたちのかっこよさに酔いしれていると、「これが最後の闘いだ!思いっきりいこーぜ!」と煽るKAMIJOの叫びで、再び「Vampire Rock Star」が始まり、クライマックスへ。ファンのヘドバンも絶好調。メンバーも激しいパフォーマンスでそれに応える。曲間に行ったメンバー紹介のラストで、「そして、僕がヴァンパイアKAMIJOだー!お前たちの声が僕の血なんだよ。愛してるぜー!」と絶叫しながら、大盛況のうちに華麗なるライヴを終えた。
最後に「音楽と物語を共存させる今回のツアー。スタッフやみんなのおかげで実現することができました。ルイ17世は史実では生きていません。でも、僕の中では生きている。一緒に物語を紡いでくれてありがとう!」そういうと、一斉に『Vive le Roi(国王バンザイ!)』と叫びながら、アカデミックで前衛的なSangの物語は華やかに幕を閉じた。

文)赤沢奈穂子


• SET LIST 
Theme of Sang
Nosferatu
Émigré

Vampire Rock Star
Bastille
Symphony of The Vampire 第五楽章「Sonata」

闇夜のライオン
Delta
Castrato
Ambition
SangⅠ
SangⅡ

Louis~艶血のラヴィアンローズ~
Sang~君に贈る名前~

私たちは戦う、昨日までの自分と
-MC-
Sang-Another Story-

薔薇は美しく散る
-MC-
Mystery
Moulin Rouge
Symphony of The Vampire 第四楽章「Dining-Table」
Vampire Rock Star

End Roll


◆ Information from KAMIJO◆

【Nosferatu MV(KAMIJO Official YouTube)】

 

【ライブ情報】

KAMIJO Sang Project Act II
籠城型公演「TOKYO BASTILLE」
2018年8月9日(木) 青山RizM
2018年8月10日(金) 青山RizM
2018年8月13日(月) 渋谷Rex
2018年8月14日(火) 渋谷Rex
2018年8月15日(水) 渋谷Rex

TOKYO BASTILLE FINAL
2018年8月28日(火) 高田馬場AREA


KAMIJO Sang Project Act III

「Europe Tour 2018」
2018年9月13日(木) ロンドン(イギリス) @ the Underworld
2018年9月15日(土) ヘルシンキ(フィンランド) @ Gloria
2018年9月16日(日) アムステルダム(オランダ) @ Melkweg
2018年9月18日(火) ケルン(ドイツ) @ MTC
2018年9月19日(水) ミュンヘン(ドイツ) @ Backstage
2018年9月21日(金) パルセロナ(スペイン) @ Apolo
2018年9月22日(土) パリ(フランス) @ Backstage by the Mill


KAMIJO Sang Project Act Ⅳ
Halloween Tour「Vampire Rock Star」
2018年10月5日(金)OSAKA MUSE
2018年10月8日(祝)名古屋 ell.FITS ALL
2018年10月20日(土)高田馬場AREA


【リリース情報】

ニューシングル
「Sang 〜君に贈る名前〜」Now On Sale



■初回限定盤 [CD + CD]

Disc 1 [CD]
1.Sang ~君に贈る名前~
2.TOKYO BASTILLE
3.私達は戦う、昨日までの自分と

Disc 2 [CD]
1. Dead Set World
2. Theme of Sang [Instrumental Version]
3. Nosferatu [Instrumental Version]
4. Bloodcast -Interlude-
5. Vampire Rock Star [Instrumental Version]
6. Emigre [Instrumental Version]
7. Mystery [Instrumental Version]
8. mademoiselle [Instrumental Version]
9. Delta -Interlude-
10. Castrato [Instrumental Version]
11. Ambition -Interlude-
12. Sang I [Instrumental Version]
13. Sang II [Instrumental Version]
14. Sang III [Instrumental Version]

品番 : SASCD-094&95
価格 : 2,500円(税別)



■通常盤 [CD]

収録曲
1.Sang ~君に贈る名前~
2.TOKYO BASTILLE
3.私達は戦う、昨日までの自分と
4.Sang ~君に贈る名前~ [Instrumental Version]
5.TOKYO BASTILLE [Instrumental Version]
6.私達は戦う、昨日までの自分と [Instrumental Version]

品番 : SASCD-096
価格 : 1,500円(税別)


KAMIJO Official Site
http://www.chateau-agency.com/kamijo/


  • ガーリーStyle vs ボーイズStyle☆~ゆったりパンツでクールロックスタイル♪~

    ガーリーStyle vs ボーイズStyle☆~ゆったりパンツでクールロックスタイル♪~

    2018年8月17日更新

    アシンメトリーなフルグラフィックTシャツにロングベストを重ねて、ゆったりパンツを合わせたラフなスタイル♪ べストやパンツのジップがコーデのアクセントに!女のコらしさのあるガーリースタイルと、クールなボーイズスタイルを日替 […]

  • ガーリーStyle vs ボーイズStyle☆~インパクトTシャツでパステルポップな女のコ♡~

    ガーリーStyle vs ボーイズStyle☆~インパクトTシャツでパステルポップな女のコ♡~

    2018年8月17日更新

    インパクト大のプリントTシャツにパステルカラーのセーラーブルゾンをオン♪ ボトムもカラフルなチュールスカートでポップ&ガーリーに♡女のコらしさのあるガーリースタイルと、クールなボーイズスタイルを日替わりで配信♡ ストリー […]

  • Designer Interview: Rimma (ACDCRag)  デザイナー・インタビュー: Rimma(ACDC Rag)(from LA, the USA、アメリカ、ロサンゼルスからお届けします!)

    Designer Interview: Rimma (ACDCRag) デザイナー・インタビュー: Rimma(ACDC Rag)(from LA, the USA、アメリカ、ロサンゼルスからお届けします!)

    2018年8月16日更新

    Designer Interview: Rimma (ACDCRag) デザイナー・インタビュー: Rimma(ACDC Rag)Los Angeles, California USAJuly 2018Reported […]